2018ホープフルS、鈴木康弘馬体診断

過去のレース

 

95点 ⑤サートゥルナーリア

弾性に満ちた上質な筋肉。

深い後肢とそのパワーを推進力に変える飛節、膝も引き締まり絶妙な角度。

背中が短く見えるほどキ甲もせりあがっている。

名牝シーザリオの子でデビュー2戦も楽勝。

そんな血統と成績を知らなくても、一目で走ると分る馬体。

 

95点 ⑧アドマイヤジャスタ 
首差しがキレイに抜けて、背中からトモへのラインもいい。
パワーより切れを感じさせる馬体。
マイルから2000mで実績を残しているが、スラリと胴長で距離が伸びても対応できる体形。
キ甲、トモ、腹袋は成長途中だが、立ち姿は気品がある。
90点 ①ニシノデイジー 

立派な肩甲骨に筋肉量も豊富で前肢の要になっている。

肩ほどでないが、トモにも良い筋肉がついている。

 

 

80点

②ブレイキングドーン 

③キングリスティア

⑦ミッキーブラック

 

75点

⑬コスモカレンドゥラ

 

70点

④ヒルノダカール  

⑨ジャストアジゴロ

⑪ヴァンドギャルド

⑫タニノドラマ 

 

人気ブログランキングへ