2018マイルチャンピオンズC、鈴木康弘馬体診断

スポニチ馬体診断
ケイちゃん
ケイちゃん

11/28ゴールドドリームが右肩痛で出走回避!

 

キミちゃん
キミちゃん

ジャパンカップに続いて、またまた残念なお知らせニャ!

 

 

100点 ゴールドドリーム 出走回避

飛節の角度が浅く、後肢が間延びして見える「直飛」。

そのせいで、踏み込みが浅く、さばきが硬くなりがち。

今回は、この直飛が目立たなくなっている。

それは、トモの筋肉が発達したから。

3歳時から前肢は発達にくらべ、後肢は未発達でバランスが悪かったが、後肢の発達によりバランスが良くなった。

 

 

 

95点 ケイティブレイブ

体重が500キロを超えているのに重さを感じさせない馬体。

前肢と後肢、上半身と下半身のバランスが取れているから重く映らない。

岩のように盛り上がった肩と厚手のヒ腹、太い尾がダート一流馬だと伝えている。

ただ、大型馬のわりに飛節が小さいのが唯一の欠点。

 

 

95点 ルヴァンスレーヴ

私が調教師時代に管理していたマエストラーレの息子。

欲目と言われるかもしれないが、砂の才能に満ち溢れた体つき。

立派なキ甲が目立たないほど首にボリュームがある。

首差しを受ける方の筋肉もスゴイ。

母父・ネオユニヴァース譲りのゴツさ。

ダート馬の多くは前肢が硬いつくりだがこの馬は柔らかく映る。

ただ、南部杯で古馬を一蹴したとはいえ発展途上の3歳馬。

トモが少し緩いが、この緩さは古馬になれば解消れるから、まだまだ伸びしろもある。

 

 

 

90点 サンライズノヴァ

ダート馬らしい野太い首。

特に目を引くのは、岩のような筋肉を付けている。

 

 

 

90点 ノンコノユメ

屈強なダート馬と並ぶと細身の体つき。

芝向きと思わせる後肢のラインから説明できないパワフルな末脚を繰り出す。

筋肉で岩のように盛り上がった首と肩を見ればダート馬と説明がつく。

長持ちするセン馬らしい6歳秋の進化。

 

 

80点

オメガパフューム

サンライズソア

 

75点

ヒラボクラターシュ

アンジュデジール

アポロケンタッキー

 

70点

センチュリオン

インカンテーション