安藤勝己・2018ジャパンカップ予想!アンカツ本命はあの馬!

安藤勝己(アンカツ)

 

※枠順確定前の予想です。

安藤勝己ジャパンカップ予想

 

①アーモンドアイ 1着

〇⑨シュヴァルグラン

⑧キセキ 2着

△③サトノダイヤモンド

⑪スワーヴリチャード 3着

△④サトノクラウン

△⑫カプリ

 

◎①アーモンドアイ

正直、2400mはベストではないと思うが、絶対能力の高さでどうにでもなる。

1600m~2000mならジェンティルドンナより強いんじゃないかな。

純粋な能力比較で見劣らないのに、53キロって斤量の恩恵があるのが大きい。

かなり堅い本命馬だと思う。

 

〇⑨シュヴァルグラン

昨年の勝ち馬だし、昨年同様に「ひと叩きして本番」ってローテで順調に来ている。

大きなマイナス材料が少ない馬。

 

▲⑧キセキ

「かからないで折り合えたら」と条件付きになるが・・・

 

△③サトノダイヤモンド

前走の京都大賞典を勝ったことで「復活」とみる感があるようだが、本来なら、もっと楽に勝っているはず。

ハッキリ言えば、強かったころの状態にはまだ戻っていないのではないかな。

サトノダイヤモンドも安易に復活するのはどうなんだろう?

 

△⑪スワーヴリチャード

天皇賞秋の内容が・・・・・

いくら出遅れたとはいえ、何もしないまま10着ってのは負け過ぎ。

「前走は参考外」って考える人もいるみたいだが、ずっと高い評価をしてきただけに、逆にそう楽観しできない。

 

△④サトノクラウン

馬場が渋ったら

 

△⑫カプリ

馬場が渋ったら

 

キミちゃん
キミちゃん

国枝調教師は最内枠を嫌がっていたニャ

 

ケイちゃん
ケイちゃん

確かに、6戦中5回が11枠より外だもんね

人気ブログランキングへ

 

安藤勝己マイルCSを振り返る。

先週のマイルCSはおかしな競馬になった。

例年ならよどみない流れになるはずが、今年はGⅠとして緩すぎる。

しかも、先週まで外差しが利く感じだったが、当日は内伸びの馬場になっていた。

展開や枠順が大きく影響したのは明らか。

そう考えると、逃げたアエロリットが、なんであんな大負け(12着)したのかって話になるが、道中で小脚を何度か使わされたり、もともと右回りで内にササる馬、その辺が影響したのかもしれない。

1、2、3着馬は、比較的前めの内でじっとして、ためを利かせたのが大きかった。

アルアインは早めに仕掛けた分粘り切れなかった。

ステルヴィオとペルシアンナイトの差は運でしかない。

ビュイックもMデムーロも流れは読めていた。

あえて言うなら斤量に1キロの恩恵がステルヴィオを有利にさせた。

一方で驚いたのが、最速の上がりで4着に突っ込んできたカツジ(16番人気)。

全兄のミッキーグローリーも上がり最速で5着。

母のメリッサは優秀な繁殖牝馬なんだな。

メリッサ自身も北九州記念の勝ち馬だし改めて血統の重要性を認識させられた。

 

アンカツ予想

 

◎モズアスコット

ステルヴィオ

▲ミッキーグローリー

△ロジクライ

△ケイアイノーテック

 

 

キミちゃん
キミちゃん

C・デムーロ騎手がこう言ってたニャ

 

「いいスタートが切れたし折り合いもついていたが、周りが強かった」

 

キミちゃん
キミちゃん

良い競馬をして14着じゃ次買えないニャ