2018ジャパンカップ、鈴木康弘馬体診断

スポニチ馬体診断

 

キミちゃん
キミちゃん

まずは、残念なニュースからニャ

 

マカヒキ回避

天皇賞秋の疲労が抜けないために回避。

今後は栗東に在厩しながら有馬記念を目指す。

 

ケイちゃん
ケイちゃん

ミッキーロケットも回避したし寂しいね。

スポニチ鈴木康弘馬体診断

 

 

100点 アーモンドアイ

 

しなやかな背中のライン、ふっくらした腹回り、厚みのあるトモ、力強い首差し、大きな肺や心臓を収容する牡馬のように深い胸。

秋華賞後に熱中症のような状態になって足元がふらついたそうだが、そんな影響はない。

前肢のつなぎには秋華賞から「ワンコ」と呼ばれるプロテクターを着用。

この馬具は、後肢と前肢がぶつかるのを防ぐもので、相変わらず踏み込みが深いことをしめしている。

ロードカナロア産駒らしいマイラー体形ながら、母父サンデーサイレンス譲りの柔軟な筋肉をつけているため2400mは問題は感じられない。

 

 

95点 スワーヴリチャード

 

キ甲が発達し、首から背中、腰、トモにかけ流れるようなラインを描いている。

筋肉で盛り上がったトモや肩は弾力性に満ち臀部は分厚く、腹袋も立派で上半身は一流馬にふさわしい輪郭をしている。

一方で下半身は頼りない。

小さくて窮屈な左ひざのつくり、立ち気味のつなぎ、左右で角度と大きさが異なる蹄。

特に前肢の作りが硬いため、いったんバランスを崩すと立て直すのに時間がかかる。

前走のダメージが残っていないのは不幸中の幸い。

 

 

95点 ミッキースワロー

 

大阪杯時は激しい気性がみられたが、今回は別馬のように一変。

馬体は大阪杯ほどの躍動感はないが、柔軟さが目立つ。

中距離仕様のゆったりとしたつくりで、どこにも窮屈さがない。

 

 

90点 シュヴァルグラン

均整のとれた筋肉質の体に陰部がチラリ。

これまでの馬体撮影でも露出していたのか見直してみると1度だけあった。

それが優勝した昨年のジャパンカップ。

 

 

85点 サトノダイヤモンド

馬っぷりは東西随一。

バランスの取れた伸びのあるつくり。

 

85点 キセキ

天皇賞秋の反動どころか、さらに体の張りが増している。

 

70点

ウインテンダネス

ノーブルマーズ

サトノクラウン

サウンズオブアース

ガンコ

 

ケイちゃん
ケイちゃん

詳しくは本日発売のスポニチで!

 

キミちゃん
キミちゃん

みんな、コンビニへ急ぐニャ!

 

ケイちゃん
ケイちゃん

人気ブログランキングへよろしくお願いします