安藤勝己2018エリザベス女王杯予想!アンカツ本命はあの馬!

安藤勝己(アンカツ)

安藤勝己、JBCクラシックを振り返る

それにしてもルメールはスゴイ。

4週連続GⅠ級勝ち(JBCスプリント1着)はとんでもない。

 

クラシックでサンライズソアが1番人気になったのも間違いなくルメールの影響。

俺的には本命視できるほどの馬には思えなかったけど・・・・。

 

そんな馬を3着に踏ん張らせたんだから、やっぱりルメールは大したもんだ。

勝ったケイティブレイブは見事だった。

 

以前から、もう少し下げて競馬した方が良いと思っていた。

先々に向けても理想的な競馬だったのではないか。

 

ただ、将来的には2着のオメガパフュームに一番期待している。

 

ルヴァンスレーヴももちろんだが、3歳世代にはいい馬が揃っている。

 

これからのダート路線は本当に楽しみだ。

 

 

それでは、エリザベス女王杯に行ってみよう!!

 

2018エリザベス女王杯

 

エリザベス女王杯は、牝馬チャンピオンを決めるレース。

 

ただ、アーモンドアイとディアドラは参戦しないため、メンバー的に寂しい。

 

そのかわりに相当数の馬にチャンスが出てきた。

その中で軸馬と考えているのが連覇を狙うモズカッチャン。

 

モズカッチャン

昨年のエリザベス女王杯以降勝ちに恵まれないが、レース内容は悪くない。

 

京都記念4着、ドバイシーマクラシック6着、札幌記念3着と強豪牡馬相手に健闘している。今回は牝馬同士だし、さっき挙げた強豪牝馬2頭もいなければ十分に勝ち負けになる。

 

この馬にとって好材料なのは、相手関係だけではなく、現状の馬場。

 

例年、秋の京都競馬場は超高速決着になるのだが、今年は時計がかかっている。

ハービンジャー産駒のモズカッチャンにとって力を要する馬場は好都合。

 

外回りなら脚を余す心配もないだろうし、発熱で府中牝馬を使えなかったが、叩き台の札幌記念より状態は上らしい。

 

少々勝ちみに遅いところがあるのは確かだが、連軸として期待に応えてくれると思う。

 

リスグラシュー

相手となる馬。

古馬になってからはマイル路線を歩んでいたが、2200mも全く問題ない。

 

ハーツクライ産駒でスラッとした体形からも純粋なマイラーとは思えない。

展開に左右される面があるが、しまいにかければ確実に脚を使ってくる。

 

これまでGⅠ2着4回と惜しいところでタイトルを逃し続けているがモレイラのひと押しがあれば・・・。

 

カンタービレ

以前は淡白な先行馬ってイメージだったが、レースぶりに幅が出てきた。

 

ローズS(1着)はルメールが上手く乗った印象が強く半信半疑だったが、秋華賞(3着)は意識的に下げる競馬でグングン追い上げてきた。

 

折り合いもつくようになり今なら2200mも問題ないだろう。

秋2戦の好走の反動がなければ楽しみだ。

 

ノームコア

5戦3勝、3着2回とまだ底を見せていない魅力がある。

 

紫苑Sの勝ちっぷりがハンパじゃなかった。この馬も春より相当成長している。

 

あとは状態面。疲れが尾を引いて秋華賞を使えなかったとなると、当日のパドックで最終的な気配を確認したい。

 

不気味なのは、おそらくどちらも乗れる立場だったルメールがカンタービレではなくノームコアに乗ってくること。

 

レッドジェノヴァ

一番よくわからない馬。

 

京都大賞典ではサトノダイヤモンドと半馬身差の勝負をしたことを考えれば、「牝馬同士なら」ってことになのだが・・・。

 

そのサトノダイヤモンドがかつての強さを取り戻したとも思えないし・・・・。

そのあたりの判断が難しい馬。

 

4歳秋を迎え本格化してきたことは間違いないからマークは外せない。

 

⑦モズカッチャン 3着

⑫リスグラシュー 2着

△⑧カンタービレ

△⑬ノームコア

△⑤レッドジェノヴァ

 

 

 

キミちゃん
キミちゃん

予想したの5頭の前売りオッズを見たニャ?

ケイちゃん
ケイちゃん

うん。5頭が1~5番人気になるのは確実だね。

キミちゃん
キミちゃん

アンカツ3連単5頭BOX「だいたい当たる~」ニャ